KANBI LINK

INTERVIEW卒業生インタビュー

片山 翔太さん 【 2005年卒 】PEEK-A-BOO AVEDA GINZA SIX/
ディレクター/副店長

緊張感と自由な雰囲気が共存した、最高の学びの環境

「働くならカット技術を磨ける場所へ」と、新卒からずっと働いているのが現在のサロン。サロンワークだけでなく、講師としても国内外に赴いています。

学生時代を振り返ってみると、真面目に取り組んでいた方じゃないかと思います。目に見える評価がもらえるコンテストもたくさんあったので、刺激を受けながら「上を目指したい」と頑張れました。そうした緊張感と、いい意味で学校っぽくない自由な雰囲気が共存していて、最高の学びの環境だったと思います。

学生時代に培った技術だけでは、デビューしても即戦力にはなりません。とはいえ僕の場合、基礎的な部分は学校で幅広く身につけることができていたように思います。KANBIで学んだことは就職後にも活きるものが多かったですね。でも今だから思うことの一つが、学生時代にもっと交友関係を深めておけばよかったということ(笑)。卒業後も繋がれるって大切なんです。多種多様な方と深く繋がる仕事でもあるので、人間関係は大きな柱になると思いますね。

何事も、最初は緊張するもの。僕も未だに初めてのお客様はドキドキしています。入試もコンテストも上京も、一度飛び込めばどうにかなるものです。最初の一歩を踏み出す勇気さえあれば、今後どんなことも乗り越えられるはずです。

PROFILE片山 翔太さん

美容学科 / 2005年卒 /
大阪府PL学園高等学校出身出身
都内で9店舗を展開する老舗ヘアサロン。高い技術力とデザイン性で業界を牽引し、時代のニーズに応える新しい価値を提供し続けている。

ABOUT SALON PEEK-A-BOO AVEDA GINZA SIX

03-3575-5588

東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX B1F

https://www.peek-a-boo.co.jp/salon/ginza-six/